気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2008年10月28日

縦理論の定義!

もう一度、私の提唱する「縦理論」の定義を
説明しておきます


 
縦理論とは・・・

1.    ゴルフのスイングは腕の動きと体の動きの
 二つの動きで構成されています 

2.
   
正しいスイングを身につける第一歩は
 腕の動きを
頭の中で正しく理解することです 

 これを理解しておかないと、最初から間違った
 方向に
進んでしまい、上達を遅らせることに
 なってしまいます
 

 基本的なスイングのメカニズムを最初に理解
 していると
安定したスイングが早く身に付きます 

3.    両腕と手首、クラブは縦の動き(斜め約45度)です
 「腕やクラブは横に振ればいい」と考えるのは
 良くないんです
 

4.
   
腰と肩の動きは背筋に対して直角(90度)の
 横方向の動きです

5.    この「縦の動き」と「横の動き」が相まって、
 正しい
スイングプレーンと正しいスイング軌道が
 形成されます
 

6.
   
但し腕の力を使って無理やり動かしたり、
 スイング始動から
すぐに縦の動きをしてしまうと
 正しい方向へクラブは上がりません
 

7.
   
縦理論でもう一つ大事なことは、トップと
 フィニッシュ以外の部分では、
スイング中
 “手の位置は体の中心から左右にほとんどズレない
 ことです

これも縦理論の解釈の一部分となります
  

ではこの縦理論が本当に正しい考え方なのか?

を確認する内容を下のページで説明しています

全文章の真ん中辺りです

http://nakabe.shisyou.com/



posted by NAKABE at 01:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフスイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。