気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年04月13日

低く長いインパクト?

  ご相談-1

こんばんは。夜 ご意見をお聞かせください。手(パー)

ドライバーで、低く長くインパクトをしたいのですが

うまく出来ません。ふらふら


なにか、コツがないでしょうか?exclamation


Uの字の様に振ればいいのは解っているのですが、

このタイミングでここをこうすると再現しやすい

というのがあると、助かります。あせあせ(飛び散る汗)


数年前の前に初めてクラブを握り、しばらく離れていて、

半年くらい前に道具を揃えて、やっと・・・
と言うレベルですが、
スイングが固まりつつある中で、
ドライバーでは少しずつ
スライス・フックの
打ち方がわかりつつある状態です。手(チョキ)


このまま固まる前に、低く長く打てるようになると

この先もっと球筋の制御ができるようになると
思うのですが、
どうでしょうか?exclamation&question

使用ギアは、TM バーナードロー9.5°S(US仕様)
/S 45程度(現在は、スイング改造中で42程度でしょうか?)
身長:162cm 体重:67Kg 

スイングタイミングはゆっくりな方だと思います。手(パー)



カウンセリング-1


1. ドライバーで行う前に短いアイアンで

  その仕組みを理解する事が先決でしょう。パスワード


2. それは・・

  「下げきる」左斜め下という言葉にその意味が隠されています。exclamation


3. 殆どのアベレージゴルファーのスイングではゴルフ


  ボールにコンタクトした後、

  直ぐにクラブヘッドの軌道が上昇しています。グッド(上向き矢印)


4. このような動きでは

  スピンの効いた球筋や、捕まった強い球が

  いつまでも打てないのです。がく〜(落胆した顔)


5. また、ターフが取れるようなショットや

  ダウンブローもある意味左斜め下

  「低く長くインパクト」する動きになります。ひらめき


6. ではそれを実現するには?


  両腕を伸ばす?サーチ(調べる)


  それでは打てないでしょう。

  無理に低く、長く出そうとしてもスイングが

  乱れるばかりです。禁煙


7. その仕組みを正しく理解する必要があります。位置情報


  どう意識して、体をどう動かせばヘッドが

  低く長く動くのかを把握する必要があります。ひらめき


8. それはインパクト以降のリストの動きなんです。手(グー)


  リストコックが完全に最後の最後まで

  開放できていないから、クラブヘッドは直ぐに

  上昇してしまうんです。パスワード


9. 考えて見てください!どんっ(衝撃)


  リストコックの動きがない腕でスイングすれば

  インパクト以降は即、ヘッドが上昇してグッド(上向き矢印)

  当たり前だと思いませんか?かわいい


  回転運動、円運動なのですから当たり前の事です。るんるん


10. ですから殆どのゴルファーはリストコックを

  インパクトでアドレスの形に戻しているだけで

  フォローでは直ぐに上方向にコックする動きに

  なってしまっています。ふらふら


11. リストコックを

  「最後の最後まで開放しきっていない!」iモードのです。


  「開放しきる」とは?雷台風


  アドレスの形に戻す!事ではないのです。禁煙


12. アドレスのグリップで右手の人指し指を曲げずに

  伸ばしてみて下さい。 斜め下を指していますよね。リゾート


  開放しきった状態では、この人指し指は真下!バッド(下向き矢印)

  そうです垂直に立つんです。(ここまで開放しきる意識です)

  それはフォローで手が左ひざの上の手前に来た時です。ひらめき


13. 12番の動きが出来ないと
  低く、長くヘッドを
出す事は出来ないのです。end


  この動きが出来ないまま、半数以上の人がゴルフから

  去っていくのです。ゴルフ


このことが正しく理解できるか、出来ないか?exclamationでしょう。


ご健闘、ご活躍を期待しています。手(パー)わーい(嬉しい顔) ファーストフード喫茶店プレゼント


この基本を取り入れているのが「縦理論」iモードです。
 

ビジェイシン.jpg

posted by NAKABE at 10:00| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 下げきる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
nakabeさん、いつもお世話になります。

この低く長くは私の今年のテーマの一つです。

インパクト後のもう一押し、粘りがさらに出来るようになったら、
低く強い玉をもっと自在に打ち分けられたら、
風に影響されない全く違う戦略でゴルフが出来ます。
風に流され右往左往するゴルフでは戦略が立ちません。

開放しきることと、宮里パパがいつも言ってるサムダウンとは違いがあるのでしょうか?
コックを維持する事がインパクト後の十分なアンコックに繋がると言えるのでしょうか?
どうしたら腕が伸びるんでしょうか?
右グリップがキーでしょうか?
宜しくご指導お願い致します。
Posted by ゴルキチ at 2009年04月07日 17:20
ゴルキチ さん

こんにちは!

開放しきることと、サムダウンとは
意味合い的には同じです。

この時に右腕、や左腕に極端に偏らない
意識も必要です。

それは「上げきる」の動きにヒントが
隠されているんです。

楽しく研究してみましょう。
Posted by NAKABE at 2009年04月08日 16:06
こんばんは。
nakabeプロいつもご指導有難うございます。

サムダウンと考えて同じで宜しいですか。
宮里パパがいつも言ってるので、意識してはいたのですが、
どうも押さえることに抵抗を感じていたのです。しかし解放だと力みません。良い感じです。

>この時に右腕、や左腕に極端に偏らない
意識も必要です。
そうですね。私の場合、右肩が付いて行かないケースがあります。
肩を開かないでインパクト、その直後から右肩は猛スピードで出て行かないと追いつきません。
このトレードオフが難しい。

イチローの様に
限界までタメられる肩の稼動域の広さ、柔軟性は人間の限界を殆んど超えてますね。

ここで、上げきる がヒントですか?
これは、想像できません。

ご指導、信じて努力していきます。
お手数お掛け致しますが、
是非、宜しくお願い致します。
Posted by ゴルキチ at 2009年04月10日 01:16
nakabe様 初めまして

毎日ゴルフの上達のことを考えてますが、たまたま日中ビジェイ・シンの写真を見て、今試して来たところです。

インパクト後、写真の右手の向きになるように真似をすると、アドレスで普段より横からグリップする必要がありました。
さらに、普段よりインパクト後も腰を引いて前傾を維持する必要があります。
また、トップで悩まずに自然な位置に治まるような気がします。

ということで、当然の結果としてスンバラシイ打球が出ました。明日の実践で結果が出たら、また報告します。
Posted by ドコマデモウマクナル at 2009年04月16日 22:30
レフティなんで左右逆ですが右利き用に直します。
開放しきった状態では、この人指し指は真下!と書いてありますが、右手の伸ばした人さし指と平行関係にあるする左手の親指付け根の上の人さし指付け根の手首よりの掌の横のふくらみの表面を真下に下げ切るっていう意識でやっちゃだめですか?
素振りで実験してみるとインパクト後のタイミングでそれまでの素振りより高い風切り音がヒュと瞬間的にするようになったのでシャフトのしなり戻りを使えてヘッドスピードが速くなっていると思うんですが・・・
それまではブ〜ンと長くて低い風切り音だったんです。
利き手の左手は器用すぎるんで意識しないでいるとちゃんと仕事をしてくれているようですが、なぜか右手を必要以上に意識すると何かスイングに乱れが生じる感じであまり左手を意識するのはいやなんですよ。
左手のふくらみを意識して振ると右手の方も追従してちゃんとリリースされているようですが。だめですか。
Posted by T.Y at 2011年10月03日 04:19
T.Yさま こんにちは!

ご質問ありがとうございます♪

○ その意識でも問題ございません。

意識の持ち方は人それぞれで・・
また、感覚も違う為どこをどう意識するかは
ひとによって違ってい〜んですよ。

逆に言えば違って当たり前なんですね〜

どう考え、どう意識すれば理想のスイングに
近づくことができるのか?が大切だと思います。

他でもお気づきの部分がございましたら
お便りください。

頑張って下さいネ!
Posted by nakabe at 2011年10月11日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116985962

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。