気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年06月21日

リストコックの自然な動きを手に入れる!

手首の曲げとその開放、即ち
リストコックが上手く使えないとヘッドは走りません。

野球でも特にピッチャーはボールを投げる時、
手首を最大限に利用して鋭い球筋を実現していますよね。

手首を固定して投げるピッチャーなんて、
一人もいないはずです。

ゴルフでは手首の動きを控えめにして打つ
特殊なショットはありますが、
完全に固定することは決してありません。

基本のスイングではリストを固定することなどはありえないのです。

たとえパットであっても、完全に固定してしまうと
不自然な動きになってしまいます。

この事に気付かず、レッスン書などで「手首を使わずに・・」
であるとか、「リストを固定して・・」といった言葉を
目にしたり耳にしたりしますが、
実際は多少なりとも動くのが自然なんですね。

腕の力でグッとリストを固定してしまうショットなどはありえないのです。

リストを多少なりとも、抑えめでショットすることはあっても
手首を完全に固定する意識でスイングしてしまっては、
デメリットばかりで良い部分がひとつもないことに
気づかないとスイングをこわしてしまいます。

そこで自然なリストの動きが体感できるドリルを紹介しましょう。

【手首をグラグラで体感する】

バックスイングでアゴの下に入れた左肩をくっつけたままの状態で
インパクトするゴルファーがいます。

これではヘッドが走りません。
そんな人は左右の手を重ねて握ります。

この状態で素振りをすると、手首が柔らかく使えて
自然に、そして勝手に肩が入れ替わり、
スムースに振れるようになります。

1. 一旦、普段通りにグリップをします。

2. 次に右手を離します。

3. 右手はグリップのゴムの部分を握らずに
  上から重ねて右手の平で覆うように握っている左手を握ります。

両手を重ねてグリップすることで
手首が使い易くなって、自然なリストコックの動が体験でき、
ヘッドが走ってくれます。

これはドライバーに限らずアイアンでも効果があります。

素振りでもいいですし、実際にショットする事もできます。
但し、実際にボールを打つときは6〜7割程度の力感で
ショットするようにしてください。

きっと無駄のない、正しい動きが体感できると思います。

お試しください! 好印象の感覚をコメントくださいネ。手(パー)わーい(嬉しい顔)るんるん 

ポチッと応援よろしくお願いしま〜すモバQ
  ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


posted by NAKABE at 18:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リストコック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。