気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年06月27日

テークバックの意識?

ご相談
テイクバック、始動について ドライバーです。

現在、アドレス時点でソールを浮かしてセットアップしています。
ソールすると固まってしまうからです。

ワッグルし、ソールしないでテークバックに入ります。
自分は、始動時にクラブヘッドの重を感じつつ、
クラブヘッドを先行させて、上げていきます。

そこでドライバーをソールしないで打つ方法について質問ですが、
テイクバックの始動は、どこを意識するかを教えてください。

アドバイス

1. 左肩と左手が先行して回転(捻転)する意識を持つことが
  好結果を生むでしょう。

2. その後に一瞬クラブヘッドが遅れて上がりますが、
  ここでの注意は
  「ハーフウェイバックの手前からヘッドが手を追い越す」ことです。

3. 「右股関節と左肩・左手が先行する」が第一で
  第二に「ヘッドが一瞬遅れがハーフウェイバックでは
  ヘッドが追い越している」意識が大切です。

4. この3番のことがアベレージゴルファーには非常に大事で、
  なかなか出来ないことでもあります。

細身の体ながらも鋭いスイングで、数々の大会(競技)で
ドライビングディスタンス1位を獲得している諸藤将次プロは
「ヘッドではなく、手元からテークバックを開する!」と話しています。

ボールを強く打とうとすると、上から鋭角な軌道で入ってしまい、
フェースの打点がまちまちにもなってしまいがちです。

横からヘッドが低い軌道で入ってくれば、ミート率は良くなります。
それにはヘッドを低く長く引くことです。

ヘッドよりも手元を先にテークバックさせ、後からヘッドが
ついてくるくらいの意識をもつとインパクトゾーンが長くなり、
芯で打てるようになる!と断言していました。

しかし、ここで注意することは「ヘッドを低く長く引く」という部分です。

それを意識しすぎて、上体が飛球線後方へ大きく平行移動しては
元も子もありません。

アドレスからトップの間では、顔の位置が飛球線後方へ
5センチ以内にとどめるように心がけましょう。

もちろん右ひざや右腰も同方向へほとんど移動しないことにも
注意が必要です。

後はゴルフスイングの基本、「黄金の法則」である「縦理論」右斜め上左斜め下
「上げきる」と「下げきる」が理解できれば
飛躍的にゴルフが上達できると思います。るんるん

ご健闘、ご活躍を期待しています。手(パー)わーい(嬉しい顔)

ポチッと応援よろしくお願いしま〜すモバQ
  ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


posted by NAKABE at 00:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スイング始動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。