気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年07月06日

ミスショットはなぜ起こるのか?

【ミスの傾向や原因を理解してスイングを改善する】
まずミスショットの傾向を並べてみます。

■ アドレスでハンドアップになっている
■ アドレスでグリップエンドと恥骨の距離が近い
■ バックスイングで右ひざ、右腰が飛球線後方へ動く
■ 右腕や左腕でバックスイングをしてしまう
■ トップで右肘がフライングエルボの形になり右肘が地面を指さない
■ トップでオーバースイングになっている
■ ダウンで極端にアウトサイドから又は
  インサイドからクラブが下りてしまう
■ ダウンで右腕に力が入ってボールを叩きにいってしまう
■ フォローで極端にアウトサイド、又はインサイド方向に
  クラブヘッドが抜けてしまう
■ インパクトからフォローでヘッドが走らない

このように感じたり、思った経験はないでしょうか?

ミスの大半は「手打ち」が原因になっていることが多いです。
基本中の基本に帰ることがミス撲滅の最短距離になるんです。

クラブの動きをある程度、自分でコントロールできないと
フェースが開いた状態で当たってしまいスライスになり易いです。

大切なのはクラブが常に体の正面にあるように振ることです。
つまり、トップとフィニッシュ以外では手の位置が
両肩のほぼ中心から左右にズレずにスイングすることなんです。

そこで効果的なのが肩から肩のハーフショットです。

目安は手元と胸の位置関係です。
トップでもフィニッシュでも常に胸の正面に
手元があるように振りましょう。

徐々に振り巾を大きくすれば、フルショットでも
クラブが正面のまま振ることができるようになります。

トップでは手は肩の高さですから胸よりも手元が右だと
インサイド⇒アウトになり易く、更にトップから体が突っ込むと
アウトサイドからクラブガ下りてしまいます。

クラブが常に体の正面でコントロールされていれば
インパクトで振り遅れることはありません

必ず Behind the ball ビハインド・ザ・ボール
トップからフォローの間で、顔の位置はターゲット方向へ
移動しない意識が必要です。

手元が体の正面(両肩の中心)から外れない位置が、
ハーフショットでの理想のトップの位置だと考えましょう。

このとき、正面から見るとシャフトはほぼ垂直で
飛球の後方から見るとグリップエンドがほぼボールを向く
ような角度になります。

スイングの基本になるドリルですので確認しながら
練習に励んでくださいね。手(パー)わーい(嬉しい顔)
 

ポチッと応援よろしくお願いしま〜すモバQ
  ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン




 



posted by NAKABE at 03:11| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最適なスイングドリル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。