気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年08月04日

ナイスショットは3秒まで!

本来は”ナイスショット”という言葉は日本国内でしか通用しない言葉。
和製英語なので、”グッドショット!”が正解。

今回の課題は ”3秒以内が肝”と
”イメージはカラーで・・”です。

まずは
【イメージはカラー画像で描く】

ショットする前にいつもどんな事を考えますか?

アドレスの向きやクラブを上げる方向を気にしたり、
OBゾーンやバンカー、前のホールで打ったチーピンなどを
思い浮かべていませんか?

しかし、それらはミスショットが出てしまう大きな原因に
なっていることをあなたは理解していますか。

ナイスショットを打つためには打つ前に、いかにいい
弾道イメージを作れるかが大切です。

そこでオススメしたいのが、理想の弾道を画像にして、
できるだけ具体的に頭に描くことなんです。

たとえばティーショットの場合、

● まずボールの後ろに立ってサッとホール全体を眺めます。
  
● その後目標となるフェアウェイセンターに、出来るだけ
  鮮明にイメージできるものをカラー、つまり色付きで
  思い浮かべます。

● キラキラ光る大きなダイヤモンドでもいいですし、
  パトカーの赤色ランプでも金色に輝くトロフィーでも、
  あなたの心に焼き付いている印象的なものなら何でも構いません。

  イメージは強烈であればあるほどいいんです。

● それが出来たらアドレスに入りますが、
  ここではターゲットに向かって真っ直ぐ伸びる
  ジェット機の滑走路をイメージします。
  
滑走路.jpg

● 打ったボールが飛行機のように、先ほど思い浮かべた
  目標に向かって真っ直ぐ飛んでいく姿を思い描きましょう。

こうすることで集中力が保たれ、プレッシャーやマイナス要素の
ない状態で、思い描いたイメージに沿って打つことができます。

【3秒以内が肝】
ここで注意するべきことがあります。

それはイメージを頭に思い浮かべたまま3秒以内に
バックスイングを始めることです。

なぜなら、人の頭にイメージが画像として保存されるのは、
せいぜい3秒くらいが限界だからです。

よく、アドレスでボールを見たままじっと固まってしまう人が
いますが、いくら良いイメージを描いても、3秒以上経つと
「左サイドはOBだから注意しないと・・」などと、
余計な情報が頭に入り込み、せっかく描いたイメージが
消えてしまうので注意が必要です。

この方法はティーショットだけでなく、
他のショットでも有効な方法です。

最初はなかなか難しいかも知れませんが、練習場に行ったときも
頭の中に具体的な弾道イメージを描いてください。

そして3秒以内に打つ練習を繰り返し行うことで、あなたの
本番でのショットは見違えるように良くなることでしょう。

ご健闘、ご活躍を期待しています。

もっと知りたい方はこちら↓ TV
http://nakabe.seesaa.net/

ポチッと応援よろしく
お願いしま〜すモバQ

 ↓ ↓
www88_31_lightred_2.gif
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

posted by NAKABE at 15:42| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ゴルフスイングのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロックス 長靴
Posted by victoria secret japan at 2013年08月02日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124979958

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。