気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年09月02日

肩甲骨から腕を伸ばす?

ボクシングで、右コブシのパンチを繰り出す時を
想像してみてください。

単純に右腕を伸ばしただけでは、コブシに当たったターゲットを
更に、強烈に押し込む(壁を強く突き破るような)ことは
出来ないでしょう。

もちろん腰や肩の回転力を利用するのは当然のことですが
そこではないんです。

それを実現する方法が他にもあるんです。

ひとつ目に大事なことは、
腕が伸びきった時に、その右腕が脱力できているかどうかです。

腕全体に渾身の力を込めたのでは、決して突き破れないでしょう。

肩、ひじ、手首、そしてコブシを握る強さ(ゴルフであればグリップ圧)
この4つのポイントがパンチを繰り出したときに、脱力され、
肩からコブシまでの間が、普段伸ばしたリーチ以上に、
最後の最後まで伸ばしきることが出来るかどうかなんです。

そしてふたつ目に、
肩甲骨が有効に使えたかどうかです。

どういうことかというと、元ボクサーから聞いたことなんですが
パンチを肩甲骨から繰り出すと、その効力が倍増するのです。

「それがゴルフと何の関係があるんだ!」と思うかもしれませんが
これをゴルフスイングに置き換えて考えた時に、私は”アッ!”と
思わず声をあげていました。

ゴルフではボクシングのように片腕の話ではなく、
つまり右肩、左肩の肩甲骨から腕を伸ばしていくことなんです。

ゴルフのダウンスイングではハーフウェイダウンから
両腕(特に右腕)が伸びていきます。

プロのインパクト⇒フォローの静止画像を見ると
よく分かりますが、両腕が肩甲骨から長く伸びて、
(インパクトでは右肘は曲がっていますが・・)
アドレスの時よりも背中が丸く見える筈です。

では画像で見比べてみましょう。

アドレスとフォロー.jpg

このように両肩の肩甲骨から打ち出していき、
肩甲骨から両腕が伸びていくからなんです。

インパクトからフォローで腕を長く使っていったほうが、
フェースターンが上手く行われ、ボールに力が伝わって
更にインパクトゾーンも低く長くなるんです。

ハーフウェイダウンからフォローにかけて、
肩甲骨と両腕の脱力によって、最下点の位置が更に
ターゲットよりに移って、低く長いインパクトが実現する!
ということなんですね。

ただし注意点としては、インパクトで肩甲骨を意識するよりも、
ボールに当たってからグッと伸ばしていくイメージを持つことです。

両腕が伸びきった状態でインパクトを迎えないことです。
必ず、インパクト後に両腕が伸びきることです。

このように考えると、やはり「下げきる」体の動き
いかに大切なことか、というのがよく分かると思います。

GOLFのネットワークを広げて、
更に楽しいゴルフライフをお楽しみ下さい。

もっと知りたい方はこちら↓ 虹
http://nakabe.seesaa.net/

ポチッと応援よろしく
お願いしま〜すモバQ

 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted by NAKABE at 21:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スイング理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。