気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年10月27日

Golf・ゴルフ・ごるふの罠!

ゴルフで罠というと、実際のラウンドで”コースの罠”
そうですね”ハザード”コース上に配置されている危険区域。

バンカーや池、クリーク(川や溝)そしてやっかいな
グラスバンカー(深いラフで覆われたバンカー)などを
思い浮かべますよね。

ハザード以外では林やOBゾーン(アウト・オブ・バウンズ)
そして深いラフなどがありますが、ちょっとここで
あまり知られていないルールをお教えしましょう。

白杭・・・OBとの境界線 
黄杭・・・ウォーターハザードとの境界線
この2種類の杭でその判定方法が若干違うところなんです。

ではイラストを見て見ましょう。

OBと黄杭.jpg

OBでは境界線上はセーフでしたが、
ウォーター・ハザードではボールが境界線上にある場合は
ウォーター・ハザード内となり、無罰でプレーできません。

このことをあなたは知っていました?
境界に関しても、詳細に区別できていましたか?

話がそれましたが、なんだっけ?
あっ、そうそうゴルフの罠でしたね。

【Golfの罠】

コースの罠ではなく、Golf雑誌などに使われている
レッスン用語やその文章や言葉をどうとらえている
かが今回の課題です。

解釈の仕方が違えば、
その”文章の意味まで大きく変わってしまう”という罠です。

殆どのアマチュアゴルファーはこれらを真に受けて
失敗した経験が必ずといっていいくらいあると思います。

それでは、勘違いし易い文章とはどんなものか?
箇条書きで上げてみましょう。

■ ティーアップしたボールをアイアンで打つ練習
ヘッドの軌道とフェースの.JPG
■ 腕と肩でできる三角形を保ったままスイングする

■ グリップエンドは常におヘソに向くように意識する

■ 手首(又は右手首)を固定してクリーンに払い打つ
  リストコックをほどかないで打つ

■ 肩のラインは飛球線と平行に合わせる

■ ダウンでヒザを右から左へ送る(ウェートシフト)

■ 手元はアドレスと同じくハンドファースト

■ ボールを上からつぶす、
  又は上から押すような感覚で打つ

■ オープンスタンスでボールを右に置き、
  フェードで攻める

■ あなたのクラブ、ライ角は合っていますか?
  クラブのライ角は重要

■ 下半身を先行させて、右腰の前でインパクト

■ ダウンで手首をタメすぎてヒール側が先行して下り、
  スライスが出る

■ 強いボールを打つ時は、芯より上目(厚め)で打ちます

打痕.JPG点線が実際の打痕

■ 下半身の動きで、手元を更に先行させて打つ

■ ダウンでリストコックが早くほどけるのが原因

■ 最近のクラブは払い打ちが正解

■ 球が弱々しく右にフケるという人は
  ボールを右寄りに置いて打つ

■ つま先体重ならスイング中、前傾が崩れにくい

■ 0:10の配分で体重移動は左へ大げさに

■ スタンス幅内で、頭をしっかり動かす(移動する)

■ 左足前にあるボールを打つつもりなら
  ヘッドスピードが最速になる

■ 右手の平をフェース面に見立て、
  右腰前の仮想のボールを押し込んでいく

■ ダウンの段階からフェースを閉じれば、
  つかまったボールが打てる

■ ヘッドがV字を描くように腕はタテに振る
Vイメージ.JPG

このように上げればきりがありませんね。

どれをとっても”間違い”ではありませんが、
意味をはき違えると、とんでもないことになってしまいます。

もちろん上級者やプロにとっては、問題の無い文章だと
言えるかもしれません。

しかし、ゴルフスイングの基礎や基本が詳細に至るまで
鮮明に理解できていないゴルフ歴の浅いゴルファー(ビギナー)達が
このような文章を鵜呑みにしてしまうとどうなるのか?

私にとっては、考えただけでもゾッとしてしまいます。

それは、その文章や言葉を信じて(真に受けて)
何百球、何千球いや何万球と打球場で練習するんですから、
良くなったり悪くなったり、
上手くなったり、下手になったりして当然なのかもしれません。

いくら正しいスイングイメージでも、取り方によっては、
良くも悪くもなりますし、そのスイングイメージを取り入れる
タイミングによっても善い悪いが360度変わってしまうからです。

また、その言葉をしっかり理解して練習できていても、
最初は凄く効果があって良かったのに、練習の途中から
その良いイメージのことを行い過ぎて、
スイングに悪影響を及ぼしてしまうこともよくありますよね。

では、こういった文章を読んだときに、何に注意して
自分のスイングに取り入れていけば良いのでしょう。

その詳細やコツを次回からお話しして行きましょう。虹
ではまた、お楽しみに!メモ 手(パー)わーい(嬉しい顔)

更に「スイングのコツ・ ヒント」が知りたい方はこちら↓ TV
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/
http://nakabe.seesaa.net/


カッコかわいいゴルファーさん
応援ポチッとよろしくデ〜〜スモバQ
 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by NAKABE at 23:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフスイングのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。