気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年11月02日

ゴルフ雑誌で見る文章の大きな落とし穴!

ではレッスンでよく使われている格言を紹介します。

■ ダウンでヒザを右から左へ送る(ウェートシフト)
いわゆる体重移動ですね。

ダウンの切り返しからフォローの間で両ひざを曲げたまま
大きく体重移動をして、腰が上手く回転(捻転からの開放)
できなかったら、肩の回転と腕の振り、
そしてリストコックまですべてが遅れて下りてしまいます。

そうです、”ヒザを左へ送るだけ”では全くダメなんです。
完全に振り遅れの状態になってしまいます。

ボールは言うまでもなく、右に飛び出して右に大きく曲がる
スライス球になってしまいます。

もちろん切り返しからヒザはターゲットの方向へ移動しますが、
それと同時に、ヒザを伸ばしながら尚且つ
左腰が背中の方へスムースに回転(開放)できるように
”左足(左膝)が外転”しないといけないんですね。

このことを理解せずに”ヒザを左へ送るだけ”の動作
練習で行っても悪い癖を体にしみ込ませてしまいます。
注意してくださいね。

では次へいきましょう。

■ 手元はアドレスと同じくハンドファースト

ロングアイアン、フェアウェイウッド、ドライバーなどの
長いクラブは特に、振り遅れ易いクラブといえます。

そういったクラブでショットする時に
”ハンドファースト”のイメージが強いと振り遅れてしまいます。

ハンドレイト(クラブヘッドよりも手が遅れる)
ハンドファーストの逆の形になるよりは、まだましですが・・

初級者や中級者の方は特に”ハンドファーストを強く意識”
しすぎると手が先行し、インパクトまでにヘッドが
帰ってこなくなり、ヘッドのターンもしないうちにインパクトを迎えます。

これではフェースが開いた状態でボールにコンタクトして
そのままヘッドが抜けていきますから大スライスになります。

それを避けようとして手首をこねて(ローリングさせて)
手を返す悪い動作が出るでしょう。 気をつけましょう。

では次です。

■ ボールを上からつぶす、
  又は上から押すような感覚で打つ

先ず、”つぶす”という言葉によって
アイアンフェース本来の持つロフト角を変えてしまう!
という動作が出てしまいます。

ボールをつぶすのですから、垂直に近づくように
ロフトを立てる動きになり易いということです。

基本はアドレスでのクラブのロフトの角度を変えないように
インパクトができないと、1〜2番手大きめのクラブで
打つのと同じ事になってなってしまいます。

もうひとつは”押すような感覚”という言葉です。

特殊なパンチショットやスティンガーショットなどでは
いいかもしれませんが、ボールを押し込もうとすると、
フェースの自然なターンやヘッドが戻ろうとする
タイミングが遅れ易くなるでしょう。

スティンガーショットの意味はこちら↓
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/archive/197

では次です。

■ オープンスタンスでボールを右に置き、
  フェードで攻める

「オープンスタンス」「ボールを右に置く」更に
「フェードで攻めるイメージ」 これらはどれをとっても
すべてスライスを助長する、強調する言葉です。

スベテをほんの少しずつであればいいんですが、
ある程度の大きさでスベテを同時にイメージして行うと
たとえ上級者であっても、球は捕まらずにスライスになります。

この3つのポイントを同時に行うのであれば、それぞれを
小さくしないと思いのほか曲がってしまうことに
気を配りましょう。
 (インテンショナルでかなり左を向くのであればいいですが・・・)

練習時に確かめておいて下さいネ。

次は

■ あなたのクラブ、ライ角は合っていますか?
  クラブのライ角は重要

ボールが思うように飛んでいかないので、ひょっとしたら・・

「私の体型やスイングに、このアイアンは合っていないのでは?
ライ角が合わないからスライスばかり出てしまうんじゃ・・」

と考える方が中級者やビギナーに多いようですが、
極端に身長が高く、尚且つ腕が異常に短い人と
それとは逆に極端に背が低いにもかかわらず腕が異常に長い
このような方は確かにライ角を確認する必要があります。

ですがそんな人は稀なんです。
背が高ければ低い人より腕は長いですし、せが低ければ
当然背の高い人よりは腕も短いはずです。

様々なライ角のクラブが販売されていないのは
それが理由だからです。

98か99%か正確な数字は分かりませんが、ほとんどの人は
同じライ角で大丈夫ということなんですね。

ということは、やはりスイングの基礎や基本に問題がある
ということになるんでしょうね。

但し、アイアンセットの精度が良い悪いによって
番手ごとのライ角が座標の正しいラインになっていることが
前提としてあるので、メーカーによっては
(日本製でない場合)ばらついている場合も稀にありますので、
それは確認しておきましょう。るんるん

まあパットだけは構え方やグリップの仕方によって
変わりますので、自分に合うライ角のパターを探しましょう。虹

一緒に頑張りましょうね。手(パー)わーい(嬉しい顔)

更に「スイングのコツ・ ヒント」が知りたい方はこちら↓ TV
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/
http://nakabe.seesaa.net/


カッコかわいいゴルファーさん
応援ポチッとよろしくデ〜〜スモバQ
 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted by NAKABE at 20:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフの格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。