気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2010年01月14日

ジム・ハーディーのゴルフ理論

2010年、新年そうそうバタバタしていて更新できませんでした。

ご迷惑をおかけしてすみませんあせあせ(飛び散る汗)

それでは、ジム・ハーディー氏のゴルフ理論を紹介しましょう。
興味深いお話しですよ。

"The Plane Truth for Golfers"という
スイング理論があります。(著書より抜粋)

彼「ジム・ハーディー」の理論である
One Plane SwingとTwo Plane Swing」は
アメリカではちょっとしたブームになっているそうです。

彼は15歳でゴルフをはじめ
大学時代はオールアメリカンに選ばれ、
その後もPGAツアー選手として数年間活躍をしました。

プレーヤー時代には何人ものインストラクターのもとに
足を運び指導を受けたそうです。

「ゴルフスイングの目的とは、正しく再現性のある
インパクトポジションを作るための動作で、
スイング中両腕は上下運動をし、体は左右にターンする。

すなわち、両腕と体はふたつの異なったプレーン上に存在する。
しかしベン・ホーガンだけはふたつの要素を
ひとつのスイングプレーンに重ねてクラブを振っている。

どちらのスイングがいいか悪いかではなく、
ゴルフにはふたつの異なったスイングの基本が存在する。

どちらを選ぶかは本人次第で両方ともツアーで通用しているし、
十分機能的なスイングである。
大切なのはこの二つを混同しないことである」と言っています。

ダーツ、ボーリング、クロケット、バスケットなどは
自分がターゲットと同じライン上に立ち競技するスポーツです。
ジムはこれらのスポーツをオンラインゲームと呼んでいます。

ゴルフ、野球のバッティング、アイスホッケー、円盤投げなどは
自分がターゲットのラインに対してサイド、横に構えて立ちます。
ジムはこれらのスポーツをサイドオンのスポーツと呼びます。

これらのスポーツのスイングでは、ターゲットラインからはずれた位置で
立ちスイングするので、必ず円運動をしなければならなくなります。

● 自分が飛行線に対して平行(サイド)に立っていること

● ボールが地面にあること

ゴルフスイングにおいてストレートラインは存在しない、
あるとすれば、10センチ程度のパッティングのストロークでしょうか。

ボールが腰の高さにあるなら、理想的なスイングは
野球のバッティング(水平運動)になるでしょう。

しかし、ゴルフスイングではボールが地面にあって、
そのボールに対して自分の肩と腕を動かすことになるので、
もうひとつの動きの「上下運動」が起こることになります。

この上下運動が大きく自分の体の回転方向に
腕が動く割合が少ないことをアップライトスイングと言い、
反対に、上下運動が小さく自分の体の回転方向に
腕が動く割合が大きければフラットスイングと言います。

以上の理由から、あらゆるゴルフスイングには
「円運動」"横回転に近い動き"と「上下運動」"縦の動き"
が必ず存在することになります。

素晴らしいショットを打つためには完璧なスイングをする必要も無く、
常にリピートできる自分オリジナルの、でも、あくまでも
スイングプレーン上の許容範囲内でクラブが動くスイングを作れば
楽しくゴルフができるそうです。

縦理論」と同様の考え方と言えるのではないでしょうか。

タイガー・ウッズプロのスロー動画
特に左ひざと左腰、そして両肩のスムースな動きに注目して
何度も確認しておきましょう。

トップからフォローの間で頭の位置がターゲット方向ではなく、
飛球の後方へ動くようにインパクトを迎えているのが分かるでしょう。




「ゴルフにおけるパワーとスピード」はこちら↓ひらめき
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/archive/214


「スイングのコツ・ヒント」が
もっと知りたい方はこちら↓虹
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/
http://nakabe.seesaa.net/


アスリート
ゴルファーさん
応援ポチッとよろしくデ〜〜スモバQ
 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
posted by NAKABE at 15:08| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ゴルフスイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして★

ブログ拝見しました。
まだまだゴルフを始めたばかりの初心者
なのですが、確かにスウィングのフォームはかなり気になります。
グリーンに出た時に恥ずかしいフォームを見せたくないので
イイ練習方法を探してますが金銭的にも、時間的にも余裕がなく
頭を抱えていまして…。

偶然そこで目にしたのが…。
スウィング練習機【マスターズ】

ゴルフ場にある高額な練習機よりも高性能で、しかもお値段はお手頃。
CCDカメラ・8インチ大画面モニタが本体に取り付けられてるので、
自宅で、気兼ねなく練習が出来ます!

鏡に映るみたいに自分のフォームを確認出来るんですよ!!
スローモーション機能もあるので、自分のフォームの悪い部分を
ピックアップして確認できるし。

http://www.takumiworld.jp/product_info.php/products_id/872
上サイトで販売しているようですよ(^_^)
Posted by 早苗 at 2010年01月14日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。