気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年11月05日

ダウンブローとは?その仕組みと打ち方

前回で「ダウンブローはゴルフにとって基本のショットであって、
特殊で高度な打ち方ではないんです」と説明しました。

なのにビギナーやアベレージゴルファーが
できていないのは何故でしょう。

その理由・ポイントを述べてみましょう。

■ フィンガーグリップでなく、鷲掴みになっています⇒http://yunakabe.seesaa.net/article/130248059.html

■ ショット練習でのボールの置き所が良くありません
  (いつも中央より右に置いてボールを打っている)

ボールの位置小.jpg
■ 腕の力に頼ってボールを数多く打っています

■ リスト(手首)が柔らかく使えていません

■ バックスイングで手が右にズレています

■ オーバースイングで右ひじが地面を向かず
  フライングエルボの形になっています

■ 正しいタイミングと大きさ、そして特に大切な
  正しい方向へリストコックとリリース(開放)ができていません⇒
http://yunakabe.seesaa.net/article/129629175.html

■ ダウンブローの仕組みを頭で鮮明に理解していません


非常に難しいテクニックなどではありませんよね。

これらが主な原因ですが、ゴルフスイングの原則である
口をすっぱくして言っている、次の2項目も必要なことです。

● 上半身(両肩、両腕、ひじ、手首、グリップ圧)が
  スイング中、脱力を保ってスイングする。

● Behind the ball ビハインド・ザ・ボール
  頭(顔)の位置はトップからフォローの間で
  ターゲット方向へ移動しない意識でスイング。

ティーアップをしないボールはいつも(練習時でもラウンドでも)
下のイラストのイメージでボールに直接コンタクトします。

アイアン上から下へ3.JPG

では、実際にショットする時の非常に大切なイメージと
その大事な感覚をつかむ”とっておきのドリル”を見てみましょう。

それはこちらです  ワン・トゥ・スリー↓
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/category_6/

これを上手く行うには、アイアンフェースの下の方で
ボールをとらえて、ボールがフェース面を駆け上がるかのように
ヘッドがその後も更に下へおりる意識を持つことでしょう。ひらめき

顔がボールに近づかないように! ですよ〜黒ハート

是非、チャレンジしてみてください。
トライした方から、「良くなった!」 と好評です。虹

ご活躍を期待しています。手(パー)わーい(嬉しい顔)

「スイングのヒントやコツ」が
もっと 知りたい方はこちら↓ TV
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/
http://nakabe.seesaa.net/


アスリート
ゴルファーさん
応援ポチッとよろしくデ〜〜スモバQ
 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン


posted by NAKABE at 01:01| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ダウンブロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

ダウンブローの本当の意味とは?

【ヤフー(YAHOO!JAPAN)の知恵袋】

知恵袋でこんな質問と回答を見つけました。

質問者

「ダウンブローとは?
ダウンブローという打ち方がいまいちわかりません」

という質問に対して、
その”ベストアンサー”が下記のものです。

解答者

○ 両足の真ん中がスイングの最下点になりますね。
  両足の真ん中にボールを置いて打つと、
  最下点で打つことになります。

  ドライバーの場合は、真ん中よりも左足の前に
  ボールを置いて打つので、最下点からヘッドが
  上がりながら打つので、アッパーブローになります。

  アイアンの場合は真ん中よりも右足よりにボールを置いて
  打つので最下点よりも手前でボールに当たるので
  ダウンブローで打つことになります。

  その現象をダウンブローに打つと言っているだけで
  実際は、単にスイングは変えずにボールの位置だけを
  変えることです。わかりにくい説明で申し訳ありません。

これがベストアンサーに選ばれているんです。

この回答内容の殆どが間違った答え!
といっても過言ではありません。

【ヤフーの知恵袋や教えて!goo(グー)の信頼性】

結局、正しいと思う回答を選ぶ質問者にしても
回答しているアマチュアゴルファーにしても、
どちらも分かっていない人たちで問答を繰り返しています。
(すべてのものがそうだとはいいませんが・・・)

よく分かっていない人が回答者の中から、
ベストアンサーを選んでいるんですよ。

このような間違った答えを真に受けて(信用して)
ビギナーゴルファーがせっせと練習するの〜〜?と
考えただけでも「ゾ〜〜ッ」とします。

○ 「両足の真ん中がスイングの最下点」 ・・・違いますね。

○ 「アイアンの場合は真ん中よりも右足よりに
   ボールを置いて打つので・」 ・・・間違っていますね。

○ 「その現象をダウンブローに打つと言っているだけで
  実際は単にスイングは変えずにボールの位置だけを
  変えることです。」      ・・・・コレも全く違います。

【ビギナーやアベレージゴルファーの考え】

少しずつ順を追って解説をしていきますがアマチュアの多くは、
こんな風に思っているのではないでしょうか?

■ 「ダウンブロー」はスイングの中で特殊な打ち方だ!

■ 「ダウンブロー」はジュニアレディース(女子)
  力がなくなったシニアには無理ないこと。関係ないこと。

■ 「ダウンブロー」は腕力のある男子や訓練を重ねた、
  プロだけが出来る、高度な技(ワザ)だ。

決して、そんなことはないんです。
Golfに対する考え方が、全然違いますね。

間違っているというより、
勘違いしているんでしょうね〜 たぶん・・

Golfの特徴】

「ゴルフ」というスポーツは・・

1. ”軽くて長いクラブ”という特徴のある道具を
  回転運動させることよって、ボールを遠くへ運び、
  少ない打数で競い、カップ(穴)に入れるスポーツですよね。

2. その回転運動は真円の軌道ではなく、2つの横にズレた
  楕円の軌道でクラブを振ります。

ダウンからフォロー.jpg

3. ティーアップしない球に関しては、野球やテニスと違い
  地面上(地面に接している)で、尚且つ止まっている
  ”静止状態の小さなボール”を打ちますね。

4. 地面には砂、土、そして芝(深いラフ)という
  ボールをヒットする上で障害物となるものが常に存在します。

5. スイング(楕円軌道)の最下点がボールの真下の位置で
  ショットをしたのでは、少なからずその障害に接触して
  ボールが全く飛ばなくなったり、飛びすぎたりします。

6. それらの障害物を効率よく避けるためには、
  クラブヘッドが「横から払い打つ」では実現できません。

7. ボールとクラブフェース(フェイス)の間に砂や土、
  そして芝(ラフ)などがはさまるので、思った通りの・・

  つまり自分が想像した”高さやスピン量”(球の転がり)
  でボールは飛んで行きません。

8. それを可能にしてくれるのが、
  上から下へのクラブヘッドの軌道中に球をとらえる
  ボールに直に⇒”直接コンタクト”させることなんです。
ダウンブロー図解.jpg

9. それにはスイング軌道の最下点がボールの真下ではなく、
  ボールよりターゲット側へくるようにスイングする
  必要があるんですね。

それが、ダウンブローなんです。

アプローチ軌道.JPG

Aではなく、いつもBの軌道で練習する

【勘違いしやすいショット”ダウンブロー”】

ですから特殊なショットなどではなくって、
Golfというスポーツの”基本中の基本のショット”であって、
そうしないとゴルフが出来ないのと同じことなんですね。

決して”高度な技”などではなく、ジュニアやレディース、
そしてシニアなどの非力なゴルファーであっても
可能な打ち方であって、ゴルフで最も必要なショットであり、
スイングだと言えるでしょう。

それはドライバーとパター、そして距離の短い1〜5Y程度の
アプローチショット以外のすべてのクラブは
「ショットの基本はダウンブローでないと駄目!」
なんだということです。

決して、「腕力がないと出来ない打法!」であるとか
”ボールを押しつぶす”や”球を上から下へ強く叩きつける
というようなイメージのショットではないんですね。

それは両足の真ん中より右へボールを置いて
打つことではないんです。

【ゴルフスイングの正しいボール位置】

先ず、スタンスの中央より右へボールを置いて打つ、
ショットやスイングというのはゴルフの基本では
行ってはいけないことです。

低い球筋や右からフックをかけてターゲットを狙うような、
特殊な打ち方を除いた基本のショットでは、ボールを
スタンスの中央より右側へ球を置いて打ってはいけないんですね。

ビギナーやアベレージゴルファーは、普段から
中央より右へ置いて何度も何度も球を打って練習し、
身体にその良くない癖を覚え込ませています。

さあ、行くぞ!と勇んでコースへ向かいラウンドすると、
ダフリ」が出たり「チョロ」ったり「ザックリ」したり・・

更に「あっちゃ〜、またやってしまった〜」と口にする
飛びすぎの”ホームラン”が出てしまいます。

いつも”ダウンブロー”で練習が出来ていれば、
そんな悲惨なことに ならずに済むんですけどね〜。

強い意識を持ってやりましょう。 ”ダウンブロー”
思っているほど、高度なワザではないんですよ。

その意味をハッキリ、スッキリと把握しないで
たぶんこういうものだろう〜」と自分勝手に都合よく
想像して、ボールを打つから難しくなってしまうんです。

頭でしっかりと鮮明にその仕組みや構造さえ分かれば
とても簡単なことなんですね。虹

次回はその仕組みや方法、仕方や打ち方を
一緒に考えていきましょう。手(パー)わーい(嬉しい顔)

基礎・基本ともいえる「ハーフスイング」
最重要ポイントはこちらiモード

http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/archive/198

「スイングのヒントやコツ
」がもっと知りたい方はこちら↓ TV

http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/
http://nakabe.seesaa.net/


アスリート
ゴルファーさん
応援ポチッとよろしくデ〜〜ス モバQ
 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

posted by NAKABE at 21:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダウンブロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

ダウンブローのアクション?

ご相談-1

ダウンブローのスイングを教えて下さい・・手(パー)

30歳男性です。ゴルフ歴は2年になりますが

練習量は週5日、自宅にも練習場があります。手(チョキ)


スイング、フォーム、球筋等をもっとよくしたく、

ダウンブローを身につけたくて仕方がありません。あせあせ(飛び散る汗)

@
トップから手の落ちる位置、腰の動き

A 1
の状態での手の甲の向きとクラブの指す向き

B
インパクトにかけての甲の動き

C
インパクト後のフォローの仕方

上記の内容等でよいと自分では思っていますが、

他に細かく教えて頂ければうれしいです。ドコモポイント


 

カウンセリング-1


1. 先ずダウンブローという言葉の意味を理解しましょう。サーチ(調べる)


2. ダウンブローとは上から下へ打ち込む
  といったこと
ではありません。左斜め下


3. もし、2番のことが正しいならビギナー(初心者)でも

  上から下へは打ち込むことが出来ますから

  誰でも簡単に打てる!ということになるでしょう。眼鏡


4. 本来の意味は

  「上から下への軌道中にボールにコンタクトする」

  ということです。ひらめき


5. 4番のことを実現するには・・次項有

  「510センチ
  (正確な数値ではなく目安と捉えてください)
  ほど
ボールよりターゲット側へ
  スイング軌道の最下点を移す
ということです。iモード


6. 例えばスタンス巾の中心が最下点だと仮定します。手(パー)


  であれば

  「ボールを飛球線の後方へ510センチずらして

  ショットすれば簡単じゃん」と思うかもしれませんが

  そうではありません。禁煙


7. 基本的なボールの位置というのは、SWでスタンスの中心、

  ドライバーで左肩の前方です。(約ボール4個分の巾)ひらめき


  ボール位置に関しては説明したように
  位置を変える方法と


  どのクラブでも左脇や左耳の前方
  といったボール位置を殆ど
同じところで
  ショットする方法がありますが初、中級者でも
なじみ易い、
  位置を変える打ち方で説明しましょう。耳


8. 例えば9番アイアンの場合ではスタンスの中心から

  ボール位置が約ボール半個分ターゲットよりです。end


  その位置より更に約5センチ前方がスイング軌道の

  最下点の位置ということになります。パスワード


  規定でボールの直径は42.67ミリメートル以上で
  重量は
45.93グラム以下と
定められていますから、ひらめき

  5+27 スタンスの中心より約7
センチ
  ターゲットよりが最下点の位置ということです。有料

  (あくまで目安の寸法です。)


9. 但し、Behind the ball ビハインド・ザ・ボール

  顔の位置はトップからフォローまで
  ターゲット側へずらさない!
  
がゴルフスイングの原則です。iモード


10. アドレスからトップの間で05センチ頭が飛球線後方へ

  平行移動します。soon


  約7センチ ターゲットよりでは、
  アドレスの位置でも届かないのにあせあせ(飛び散る汗)

  バックスイングで約3センチ後方へ移動すれば

  その計算からすると約10センチ届きませんダッシュ(走り出すさま)


11. ではその誤差はどこでカバーするのか?

  (何センチや何度というのはあくまで目安の寸法です)


 インパクトではアドレスより腰が重心移動して

  約45度回転(捻転からの開放)しているので

  右肩が少し下がります左斜め下


 インパクトではアドレスより頭が
  35センチ真下の方向に下がります。遊園地


 インパクトではアドレスより手の位置が
  35センチターゲットです。end


 最下点の位置ではアドレスの時より
  腕とシャフト間にある角度
(飛球線後方から見たとき)
  が
150度から約180
になります。ひらめきぴかぴか(新しい)

深堀インパクト.jpg

                          深堀プロのショット

 アドレスとインパクトではこの4アクション
 (
4つの動作)によって
スイング軌道の最下点が
 10センチほどターゲットよりになるんです。end


12. もうひとつ、

  アドレスでボールの底とクラブヘッドの
  リーディングエッジ(底)が
同じ高さにあると
  仮定します。次項有


  しかしインパクトではこれも違います。exclamation&question


  リーディングエッジがボールの底より
  
1センチ高い位置
ボールにコンタクトして、ひらめき

  ボールがクラブフェイスから離れる時には

  0.5センチ近くフェイスを駆け上がります右斜め上

  フェイスのボールマークが縦に長い楕円の跡が付いて
  スピンがかかるボールの動きになります。


13. 12番のことは上から下への軌道中にコンタクト
  しているという証拠です。手(パー)


14. スイングとしては


 ビハインド・ザ・ボールの原則を守るiモード


 バックスイングでは「上げきる」の体の動きが重要パスワード


 ダウンからフォローにかけては、
  「溜め」がしっかり出来る
ショットメイクをするゴルフ


 インパクトゾーンではリストローリング
  (手首をこねる動き)を
意識しないでしっかり
  最後まで「下げきる」リストの開放が大切左斜め下

   ですがフェイスターンは必要な動きです。るんるん

この4アクションはゴルフの「黄金の法則」である

縦理論」が理解し易く、
シンプルに実践できる方法でしょう。iモード


ご健闘、ご活躍を期待しています。手(パー)わーい(嬉しい顔) 晴れゴルフいい気分(温泉)るんるん


参考になったらポチッと応援よろしくデ〜ス!モバQ
  
↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

posted by NAKABE at 03:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダウンブロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

ダウンブローの打ち方!

お悩み-1
 
ゴルフでのダウンブローの打ち方の感覚は、
例えれば「刀で竹を斜めから切り落とす」感覚を
前傾にした感じですか?

それとも野球で言えばボールをダウンスイングで
斜め上から叩いていく感ですか?
 

宜しゅうお願いいたします。


カウンセリング-1

1. 「刀で竹を斜めから切り落とす感覚」
  この感覚はとても良いイメージだと思います。

2. ですが肝心なのはインパクト以降の
  手首の動きなんです。
 

3. いくら1番の良いイメージを持っていても2番のことが
  頭に無ければ実現できません。
 

4. それはゴルフスイングの黄金の法則でもある
  「下げきる」動きなんです。
 

5. リストコック(手首の曲げ)が正しい方向とタイミングで行われ、
  尚且つ、完全に最後の最後まで開放されないと
  インパクト後にクラブヘッドは地面から下りずに
  上方向へ上がってしまいダウンブローの形にならないのです。
 

6. 5番の理由で、殆どのアベレージゴルファーは
  このゴルフスイングに最も大切な動きが
  いつまで経っても出来ていないのだと思います。

7. 大切なリストの動きは
  「上げきる」と「下げきる」の動きに集約されます。

8. 最初に言った「刀で竹を斜めから切り落とす感覚」
  のイメージを持ちつつ、竹を切り落とした後も
  その方向へリストを最後まで開放してやる必要があります。
  (切って終わりではないのです)

9. 8番のことはリストをローリング(手首を返す)する意識では
  竹を切り落とすことは決して出来ません。

  刀の刃が回転してしまって、
  竹を叩くだけになってしまいます。
 

10. やはり大事なのはリストコックの方向とタイミング
  そして最後まで「下げきる」と言う事なんですね。

更にその身体の使い方が理解できると、
バックスイングでは右ひじが背中方向へ逃げません。

右脇も意識しなくても勝手に締まり、
ダウンからフォローでは左脇が勝手に、
自動的に締まようになります。

意識して締めようと考えるから、
スイングがおかしくなってしまうんです。

もっと詳しい事が知りたい場合は、「縦理論」
「上げきる」と「下げきる」を学んでみましょう。

ご健闘、ご活躍を期待しています。 手(パー)わーい(嬉しい顔) スキービール
posted by NAKABE at 06:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダウンブロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。