気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年06月24日

スコアを縮める!確実な方法とは?

ひとつでもいいスコアで回りたい、そう思うのは
アマチュアでもプロでも同じですよね。

ではスコアを少しでも縮めるには何をすればいいのか?

一番確実な方法は、やはりパターをうんと練習すること
なんですよ。

トータル打数の中でパッティングの占める割合は大きい
ですからね。

仮にずっとパーオンで2パットを続けた場合、
72で回ったとするとパット数は36になります。

つまり、スコアの半分はパターにかかっているってことです。

もしスコアが90だったとしても、3パットもありますから
やはりパッティングで半分近くは打ってしまうのですね。

だから普通に考えたら全部の練習量の半分は
パターに割く必要があるということです。

ところがアベレージゴルファーの方はパターの練習を
それほど重要視していないように見えます。
これはもったいないことなんですよ。

アイアンショットやドライバーショットなどクラブが
長くなればなるほど、練習する量によって
ある意味、確実に上達できるとは言えません。

ですが、パッティングというのはゴルフで唯一
練習すればするほど早く、上手くなれるものですからね。

そんなこと言ったって、コースが変わればグリーンの
速さや芝目の強さが変わるし、入るかどうかはその日の
調子次第じゃないかって思う人もいるかもしれません。

入るか入らないかはその日次第、っていうのは確かに
その通りですが、狙った通りに打って入らなかったのと、
狙った通りに打てなくて入らなかったのでは
内容が全然違います。

狙った通りに打って入らなかった場合

◎ この傾斜でこの芝目の場合は、たとえ外しても
  この強さでこの方向に打てば入るんだ!という
  次につながる情報が頭にインプットされます。

狙った通りに打てなくて入らなかった場合

◆ 何故思った所へ打てなかったか?ばかりを考えてしまい
  ほとんど、どの方向へどういう強さで打てば入ったか!
  の情報は頭にインプットされないままそのホールを
  終えてしまいます。

これでは先々に雲泥の差が出て当然!といえばとうぜんなんですね。
これが一回きりのことであればそうでもないですが
毎回!といっていいほどの状況で上級者とに差が出てきます。

ですから、パッティングの練習は1〜2mくらいの距離を
真っすぐ」打つことと、3パット、4パットを避けるために
5〜8mくらいの「距離感をつかむ」練習をするのがいいですね。

まずは「確実に狙った方向にボールを転がせる」ようになること。
これだけでパターの精度が高まります。

いつも狙ったところに打てていれば、カップをはずれた時に
「今のは少し強かったな」とか
「こういう傾斜のときはこんな風に曲がるんだ」という
情報がラウンドごとに蓄積されていきます。

そうすると、タッチの合わせ方とかラインの読みなんかも
段々上手くなってきて、ますますパターが入るように
なるって寸法ですね。

ある程度のレベルになってくると、
今度は技術に応用が利くようになります。

例えば同じラインでもより直線的に狙えるようになってくる。
ショートパットはカップの向こう側の壁に当てるつもりで
薄めに打ちます。

曲がるラインも、わざとラインを消して打ったりといった事も・・・

でも現実にはどれだけやっても完璧ということはなくて
それがゴルフの難しいところなんですがね。

ポチッと応援よろしくお願いしま〜すモバQ
  ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン
宮里 藍ちゃんも使っている 立体的に構えられるパター 試す価値あり!
【US仕様】 ODYSSEY ホワイトホット XG Teronパター
[オデッセイ WHITE HOT テロン]
 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/puresuto/callaway-putter-0051.html
テロン.jpg


posted by NAKABE at 13:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パットはこう考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。