気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年09月03日

自分の持つエネルギーを高める!

【メンタルのエネルギーを高める方法】

メンタルエネルギーとは、私たちが持っている自信や
確信といったプラスの感情で、これが体の中にあふれていると、
自分の実力を十分に発揮できるだけでなく、実力以上の
プレーを引き出して、思いもよらない良いスコアが出ることもあります。

メンタルエネルギーを高めることによってスコアアップの
可能性が高くなります。

プレー中になんとなく調子が出なかったり、
集中できず、ミスを繰り返すこともあったと思います。

こんな時はメンタルエネルギーが低下している可能性が大です。

これからラウンドというときに、理由もなく不安を感じたり、
何となくプレーする意欲がわいてこない、またプレーに
集中できないといった状態になったことはありませんか?

このようなメンタルがマイナスの状態では、良いスコアが
出るはずはありません。

こういうときは”メンタルエネルギーが低下している”
状態と定義できます。

誰でも調子がいい時は、自然とメンタルエネルギーは
高い状態にあります。

問題は調子が悪い時に、いかにメンタルエネルギーを
上げられるか? それができれば常に安定したプレーで
確実にスコアを伸ばすことができるのです。

【堂々とした態度をとる】

メンタルエネルギーを上げる、最も簡単で効果的な方法があります。

疲れていてもミスショットしても、
堂々とした自信にあふれた態度をとり続けることです。

笑顔を作ることも忘れてはいけません。
ラウンド中はマイナスの感情を表に出さないようにしましょう。

ミスの原因は、単に技術的な問題だけでなく、
プレー中の態度がショットやスコアに影響を及ぼしているのです。

”ミスをした後に、堂々として笑顔を作ることなど出来ない”
という人もいます。

しかし、ここに興味深い話があります。

1分以内に笑顔の表情を浮かべたまま、悲しい出来事を
思い出して涙を流した人には賞金を出す
という実験を行った結果、
成功した人は一人もいなかったのです。

つまり、感情と肉体は密接に結びついていて、笑顔と悲しい
出来事では、脳は笑顔のほうに従うのです。

Brain.jpg

これは、ゴルフにも同じ事が言えます。

調子が出ずに下を向いたり、ミスをして失望や落胆の
態度をとれば、脳はマイナスの気持ちを増幅させ、
メンタルエネルギーを低下させてしまいます。

逆に、ミスをして落胆していても、それを態度に出さずに
胸を張って笑顔でいると、マイナスの感情がスーっと消えていく
のが実感できるはずです。

【傾向と対策】

A. 無気力で、疲れてやる気が出ない
  
  ⇒ フェアウェイを歩くときは胸を張り、
    前を向いて堂々と歩くことを心がける

B. 常にあせっていて、スグにショットに入ってしまう
  
  ⇒ 打つ前はプロになりきってターゲットを見ながら、
    ゆっくりとルーティンワークを行う

C. 集中力がなくなり、プレーに粘りがなくなる
  
  ⇒ 前のホールでミスしても、次のティーグラウンドでは
    思いきり笑顔を作る

感情が態度をコントロールするということを忘れずに、
常に堂々とした態度を取るように心がけましょう。

ご健闘、ご活躍を期待しています。手(パー)わーい(嬉しい顔)


もっと知りたい方はこちら↓ 虹
http://nakabe.seesaa.net/

ポチッと応援よろしく
お願いしま〜すモバQ

 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted by NAKABE at 02:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルを鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ゴルフレベルを引き上げる方法!

【自分の実力を正しく認識】

自分の実力を本当に正しく認識できていますか?

どんなに練習をしても、
自分の実力を正しく認識していないと
コースで良いスコアを出すことが難しくなります。

自分の実力を正しく認識していない人には、
ふたつのパターンがあります。

ひとつは、本当の実力よりもセルフイメージが高い
「過大評価型」です。

このタイプは例えば、残り165ヤードから
6番アイアンで打ったセカンドショットが
グリーンを外れた時に、ものすごく悔しがる人です。

プロでも外すことのある距離を、アマチュアが
確実に乗せる確立は低いはずなんです。

なのに「せっかくパーオンのチャンスだったのに」と
落ち込み、その気持ちを引きずったままアプローチや
バンカーショットをしてミス!

結局、ティーショットは良かったのに上がってみれば
ダブルボギー、というパターンです。

過大評価型の人はいつも完璧を求め、
ミスショットのたびに自分を責めたり、
失敗をクラブやコースのせいにする傾向があります。

しかし、それではいつまでたっても
安定したプレーはできません。

このタイプの人にオススメなのが、自分のスイングを
ビデオで撮影して見てみることです。

そうすると、自分のスイングが思ったほど理想的では
なかったことに気付くはずです。

正しい実力を認識すれば、少しのミスで落ち込んで
大叩きすことはなくなるでしょう。

【プレシャーに弱い人はセルフイメージが低い】

そしてもうひとつは、過大評価型に比べると少ないのですが、
本当の実力よりセルフイメージが低い「過小評価型」です。

このタイプは、そこそこの技術はあるのに自分に自身が
持てないのが特徴です。

プレッシャーに弱く、何でもないところでミスをしたり
バーディーを取った後で大叩きしてしまったり・・。

前半良いスコアで回ったのに、自分がこんな良いスコアで
回っていいのだろうか?と不安になり、
後半で大崩れするパターンです。

過小評価型の人も、なかなかスコアを伸ばすことは難しく
ベストスコア更新を目の前にして足踏みしているケースが
多く見られます。

このタイプの人は出来るだけ「自分はもっと上手いはずだ」
と自分に言い聞かせて、プラス思考でプレーするよう心がけましょう。

では、最も良いのは自分の技術レベルとセルフイメージが
完全に一致することかというと、そうではありません。

実力よりもセルフイメージのほうを少しだけ
高く設定するのが理想なのです。

そうすることで、自分本来のプレーを崩さずに、
実力を少しずつ高いイメージに近づけることができるからです。

もしあなたが「過大評価型」ならセルフイメージを
少し下げて、「過小評価型」なら少し上げることで
あなたのGOLFレベルもスコアもアップするでしょう。

ご活躍を期待していますよ。

もっと知りたい方はこちら↓ TV
http://yunakabe.seesaa.net/
http://nakabe.seesaa.net/


ポチッと応援よろしく
お願いしま〜すモバQ

 ↓ ↓
www88_31_lightred_2.gif
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

posted by NAKABE at 15:19| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルを鍛える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。