気になるアイテム
R9-s.bmp タイトD-s.jpg FT-5-s.jpg Dymo-s.bmp MP CRAFT-S1-s.bmp レガシー エアロ-s.bmp インプレス4.6D-s バレロ1-s.bmp
アイテムをクリックするとその詳細が分かるページへ飛ぶよ

「いいこと書いてるな〜」と思ったらブログやHPに文章を掲載しても いいですよ〜但し、そのブログはココ⇒ってURL入れてネ! http://yunakabe.seesaa.net/掲載しましたってコメントもネ!

2009年11月19日

「手打ちスイング」を防ぐ方法とは

手打ちになってしまう主な傾向と対策としては・・

【手打ちの傾向】

a. バックスイングで両肩に対して飛球線の後方へ手がズレて、
  切り返しからダウンでは、上半身や手から振り下ろしてしまう

ちあきハーフウェイバック.jpg

b. バックスイングでクラブを振り上げようとする両腕や
  リスト(手首)の動きが横方向になっている時

c. 「胴体や脚力」でスイングしようという意識がほとんどなく、
  肘(ひじ)から先の両腕の力でクラブを振っているとき

d. スイング始動のテークバックで右股関節がしっかりと
  入らずに、右膝(ひざ)や右股関節へ体重移動ができていない

e. ハーフウェイバック(テークバックしてシャフトが水平の位置)
  からトップまでの間で、しっかりとリストコックができていないとき

f. 前腕(ひじから下の腕)や手首、更にグリップ圧、
  つまり肘(ひじ)から下の両腕が力んでいるとき

細かくチェックすればまだまだありますが、主な傾向としては
上記の6ポイントです。


【手打ちの対策】

a. 

● アドレスから左腕が水平に達する辺り(ハーフスイング)までは、
  手の位置が両肩の中心からズレないようにバックスイング
  することが大切です。(縦理論)

● ダウンスイングではひじから先(前腕、手首、手
  の力に頼ってクラブを振り下ろさないことです。(上半身の先行)

● 切り返しからは、下半身が先行しないといけないのです。

● 「下半身が先行して胴体を回転」つまり、
  右股関節と右ひざのパワーの蓄積からリリース(捻転からの開放)
  へと移行していくんですね。
上げきるとタメ.jpg

● 右股関節と右足の蹴りによって、体重移動を開始します。

● トップに達する直前から切り返し、ダウンスイングでは
  右ヒザ⇒左ヒザ⇒腰⇒両肩⇒両腕⇒
  そしてクラブへと順に力が伝わるようなイメージです。

● 左ひざがアドレスの位置へ戻り始めて、腰がターゲットの方向へ
  10〜15センチ移動しながら左腰が背中のほうへ回転します。

ローテーション.jpg

ここまでくれば意識しなくても勝手に、胴体の強い回転
リリース(開放)によって「両肩と両腕」は振る!のではなく、
振られて、同時にクラブも振られるんですね。

体重移動でしっかりと右股関節に乗れないのは、
アドレスに原因があることが多いです。

アドレスの基本」はココ
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/archive/195

a.の対策だけで長くなってしまいました。
b.以降は次回、お楽しみに!

前々回のロブショットでの下半球を包み込む
イメージ動画(ビデオ)を掲載しておきます。 チョット失敗しちゃった〜



「スイングのコツ・ヒント」が

もっと知りたい方はこちら↓虹
http://blog.golfdigest.co.jp/user/tygreen/
http://nakabe.seesaa.net/

アスリートゴルファーさん
応援ポチッとよろしくデ〜〜スモバQ
 ↓ ↓
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ人気ブログランキングへblogram投票ボタン



posted by NAKABE at 15:10| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 「手打ち」の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。